屋根雨漏りは単純な理由からおこります。雨水は平らな部分では溜まり、勾配が付いていれば流れます、勾配が一定以上であれば、雨水が滞留することはありません。住宅の目的は雨露から住人を守ることです。そのため、昔の住宅では住宅には必ず勾配の付いた屋根が設けられていました。

さらに、日本は台風等の大風が吹きやすい気候のため、吹き込みを防ぐ目的で庇が出されています。住宅では屋根と外壁の交叉する部分で雨が漏りやすく、庇はその部分をカバーする役目も担っています。現代の住宅は防水材料の進歩により、平らな陸屋根も設置が可能となりました。しかし、平らな部分に雨水が溜まりやすい自然の原理は変わっていません。

屋根に塗られた防水材料は、時間の経過と共に劣化します。防水工事をやり変えなければ、溜まった雨水が下階へ漏ることになります。屋根雨漏りの第一の原因は、平らな屋根と、庇の出がないことです。さらに、屋根を複雑な形状にしてしまうと雨が漏りやすくなります。

屋根が複雑だと、谷の部分ができ、雨水が滞留することになります。屋根雨漏りの第二の原因は、複雑な形状の屋根です。また、カラーベストなどの耐久性の無い材料は腐食がしやすく、雨が漏りやすくなります。以前は日本の住宅は瓦屋根が主流でした。

瓦屋根はほとんどメンテナンスをする必要がなく、耐火と防水の役割をはたしてくれます。日本の優れた屋根材を使わずに、安価なカラーベストを使用することも雨漏りの原因と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です