屋根雨漏りは、屋根材の劣化やズレが原因で発生することがある現象です。強く雨が降ると天井から水滴が落ちてくるとか、水滴は落ちてこないものの天井にシミが広がっていると言う場合には、屋根雨漏りが発生している可能性が高いと考えられます。ただ、特に水滴が落ちてきていないような場合には、このまま放置しておいてもよいか、などと思う人もいるかもしれません。ですがそれはとても危険な考えです。

何故かと言うと、屋根雨漏りの放置は様々なリスクに発展することもあるためです。どのようなリスクが挙げられるかと言うと、まずは建材の劣化です。木材などの建材が雨水にさらされると、それだけてその耐久性は著しく低下します。また濡れた木材が大好物であるシロアリが繁殖し、まだ雨水にさらされていない部分にまでダメージが及ぶ可能性も否定はできません。

その結果、住宅全体の安全性や耐久性が落ちることも考えられます。それから健康に対してのリスクです。雨水が建物内に侵入してきたり、建材がそれによって濡れたりすると、当然、建物内の湿度は高くなります。その結果、カビが発生しやすくなります。

これが目に見える部分であれば手の打ちようもありますが、もし目に見えない部分で発生したものだと、知らない内にカビを含んだ空気を吸っていると言うことにもなりかねません。するとアレルギーや感染症が引き起こされてしまうリスクが高くなります。また屋根雨漏りは、放置してその劣化が進行すればするほど、修理にかかる費用は高額に、時間は長くなりやすい性質を持っています。そのため経済的、時間的リスクを軽減するためにも、放置は厳禁だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です