屋根雨漏りの原因は、明らかな破損が見られない限り、確たる発生箇所の特定が難しいことがあります。雨が入りこんだ場所の真下で雨漏りするケースのほか、雨水が屋根と天井のあいだの建材を伝わって複雑な経路をとる場合もありますので、専門家に見てもらうことが必要となります。早目に原因を特定して補修しておかなくては、天井や壁の内部に腐食やカビが発生する恐れもあります。屋根雨漏りの発生原因として多く見られるのが、屋根材の経年劣化によって発生した傷や亀裂から雨水が侵入するケースです。

また、各地で地震が多発する昨今では、強い揺れによって屋根瓦がずれたり落下したりすることで発生する場合もありますし、台風などの気象災害による屋根雨漏りもあります。災害による破損以外では、やはり経年劣化が問題です。日ごろ見えない屋根ですが、長年受け続けてきた強い紫外線、酸性度の強い雨、春先の強風などによる傷みは、頑丈な屋根材であっても避けられないものです。また、近年、太陽光発電パネルの設置による工事の影響で、新築の家屋でも雨漏りが発生してしまうケースがあります。

こういった特殊な原因による雨漏りは、破損箇所の特定や、原因がパネル取り付け工事の不手際かどうかなど、専門家の診断が重要になってきます。屋根の傷んだ箇所がわかるからと自力の修理をおこなう人もいますが、太陽光パネルが原因のときは補償の問題もありますので、自己判断は禁物です。何より屋根での作業はたいへん危険です。専門家に任せてこそ、安心確実な補修が叶います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です